Management PhilosophyManagement Philosophy

  • ・スキルアップを愉しむ
  • ・コミュニケーションを愉しむ
  • ・ビジネスを愉しむ

トラスタスが新たに挑む!

「社員100人ブランディング」
へのチャレンジ

経営理念の見直しに至った経緯を教えてください

経営理念の見直しに至った
経緯を教えてください

会社の設立から3期目までは、「社員個人への支援」に主眼を置いていましたが、今期からは「社員の成長を促す組織づくり」に着目しています。その基になったのは、社員一人ひとりの成長が、会社の成長やブランディングに繋がるという考え方です。

私が組織づくりを意識するようになったきっかけは、現在、社員のクリエイティブ研修を一手に担っている後藤との出会いでした。

これまでWEBサイト制作を軸に、多くの企業ブランディングを手がけた彼との対話が、情報発信やブランディング、組織づくりという視点と、その重要性を私に気づかせてくれました。

この出会い以降、私自身が経営者として日々成長していることを実感しています。また、私が思い描いていた会社の未来も、設立当初とは違うものに変化していきました。

経営理念の見直しに至った経緯を教えてください

会社の未来像、
また新たなチャレンジとは

トラスタスが新たに挑むのは、「社員100人ブランディング」です。
その基盤にあるのは、共に歩む社員一人ひとりがトラスタスのブランドになるという考え方。
クオリティ・スキル・人間性のすべてにおいて社員が成長できるよう、トラスタス独自のキャリアステップと教育体制の確立を計画しています。

その先にあるのは、社名を聞いたら「ああ、あの会社ね」と知られるようになり、やがて「トラスタスの人材なら安心して仕事を任せられる」と誰からも認めていただける未来です。

社員が、その実力を存分に発揮する場を作ることも会社の務めです。トラスタス独自のキャリアステップを踏み、SES事業を通して成長した優秀な社員には、今後新たに立ち上げる自社サービスに取り組んでもらう予定です。

このように、「社員100人ブランディング」から始まるトラスタスの事業拡大を後押しするため、経営理念の見直しを図りました。

「愉」には自ら追い求め
湧き出る好奇心を追求するという意味

トラスタスの社員には、
自ら好奇心を持って
「愉しんで」ほしいという想いを込めています

ここからは新しい経営理念について
お話を伺います

大前提としてお話ししたいのは、3つの経営理念に共通する「愉」という漢字について。
「楽」が、与えられたり決められた枠内で楽しむことを指すのに対し、「愉」には自ら追い求め、湧き出る好奇心を追求するという意味があります。「社員の成長が会社の成長に繋がる」という考えから、トラスタスの社員には自ら好奇心を持って「愉しんで」ほしいという想いを込めました。

「スキルアップを愉しむ」とは、
どういうことでしょうか

社員には、自分の成長を実感してほしいと考えています。それは、小さな喜びや成功体験を積み重ねることが自信に繋がると確信しているからです。人は、誰かに感謝されたり褒められることで自信が持てます。

私が常に社員に言っているのは、「相手の役に立つと思ったら、まずは伝えてみなさい」ということ。それはどんなに些細なことでも、相手の気づきになるからです。

また自分が知らない場面においても「知らない」ということを素直に伝えること。「調べたのですがわからなくて」と伝えることで、相手が教えてくれる場面もあるはずです。まずは言葉を発してみて反応を得る。このコミュニケーションが、スキルアップの愉しみに繋がると考えています。

ここからは新しい経営理念についてお話を伺いますここからは新しい経営理念についてお話を伺います

「コミュニケーションを愉しむ」とは

多くの方は、「コミュニケーション力」を「楽しい場面で上手に会話できること」と理解しているようです。しかし私は、ピンチに陥った時にその状況を正直に伝えることができるかどうか、また手を差し伸べてくれる相手がいるかどうかで、コミュニケーションの得手不得手を判断しています。

社会生活を送る中で、時には耳の痛いことを言われることもあると思いますが、そんな時には冷静に相手の立場に立って考えてほしい。「言う方もきっと辛い」ということに思い至れば、相手と距離を置かずにいられるはずです。

人は追い込まれると視野が狭くなってしまうものです。そういうときにこそ、頼れる人は誰なのか、というところに気づいてほしい。コミュニケーションを愉しめれば、どんな場面でも前向きな考えを持って対処できるはずです。

「コミュニケーションを愉しむ」とは 「コミュニケーションを愉しむ」とは

「ビジネスを愉しむ」について
教えてください

これからトラスタスは、新たに自社サービスを立ち上げていきます。
その際、社員も一緒に企画や展開に加わってほしい。自分たちの手がけたものが世に出て、認知され、評価を受ける。その充実感を味わってもらいたいのです。

トラスタスの社員には、「自分が会社を運営していく」という意識を持ってほしい。私たちは、ビジネスを愉しめる人材を育てていきます。新規事業が立ち上がる時に、「リーダーにふさわしい人材が多すぎる」という悩みが生まれていたら幸せですね。

佐藤理香佐藤里香
Interview IntroductionInterview Introduction

佐藤理香

ライターとして、経営者をはじめ働く方へのインタビューを数多く務める。そのほか、ラジオパーソナリティやMC、ナレーターとしても活動中。
現在は、FMぱるるん COMBOX DIG TRAX(毎週水曜午後5時~8時)のパーソナリティやInterFM897でCMナレーションを担当している。