グローバルビジネス
ソリューションプロジェクトの
コンサルフェーズから
制作までの内容をご紹介

Requested
items

グローバルビジネス
ソリューション様
からの要望

A: A社長の交代があり、
今後の指針を示していきたい
B: B採用戦略を見直していきたい
C: CWEBサイトをリニューアルしたい

Consulting Phase: step 01

企業の考え方(企業理念)

Requested
items

A

社長の交代によって、
今後の会社の指針を示していきたい

image

社長交代によって経営幹部と話し合い、会社の企業理念の見直す形でプロジェクトがスタートしました。

まず、企業理念の見直しは社会に対し、社員に対し会社として何のために経営をするのかという「企業の考え方」を問われます。

その考え方について、経営幹部とディスカッションを行い、または経営幹部のみで、何度も社内ディスカッションを行って、企業理念は見直さないが、企業理念の考え方を整理する方向で収まりました。

image

企業理念を見直すことで、
ミッション・ビジョンの重要性が
今の会社にとって必要であることを改めて認識できた

  • MISSION

    ミッション:
    使命、目的、企業の存在意義

     会社がどんな社会を実現するのかを
    あらわしたもの
    会社内部に浸透させたい考え方で、
    企業の判断基準にもなるもの

  • VISION

    ビジョン:
    目標、方向性、行動指針

    会社が組織としてありたい姿や、
    ミッションを達成させるための行動指針
    (自分たちがどうなりたいか(目指す姿) )
    を示したもの
    表向きに会社がどういうものかを示したもの

Consulting Phase: step 02

企業の考え方
(ミッション、ビジョン)

企業理念「ゆたかさの創出」を見直したときに

ゆたかさとは
・社員ひとりひとりの心身や人生が豊かであること。
・お客様の事業が豊かになること。
つまり社会全体が豊かになること(創り上げること)。

それが、グローバルビジネスソリューションが考える企業理念という考えに行きつきました。

そして、ゆたかさを創りあげるのは「笑顔」という解釈になり、その笑顔は「社員の笑顔」「家族の笑顔」「お客様の笑顔」になることが、笑顔の創出であると考えていきました。

では、笑顔を作り出すためには、ミッションが必要であり、その笑顔をビジョンに置き換え、経営者たちに、キーワードをあげて頂きました。

そのキーワードをまとめたものが右記になります。

image

WEB戦略では、課題解決を明確化し、ユーザーを理解し
ユーザーの導線が、
興味⇒理解⇒共感とつながる導線になるように考えることが重要

Consulting Phase: step 03

採用戦略とWEB戦略

Requested
items

B

採用戦略を見直していきたい

C

WEBサイトをリニューアルしたい

imageimage

次に、要望として採用戦略の見直しに着手しました。
今までの採用の話を聞きますと、媒体に任せているだけで、社内的に戦略という手は打ってなかったように見受けられました。

よって、今回の採用戦略は2点必要になってきます。
1点目は、ホームページのリニューアルに着手することが必然的に必要であり、ただリニューアルするのではなく、
・ユーザーに何を見て頂きたいのか?
・ユーザーに何を知って頂きたいのか?
・ユーザーに何を理解して頂きたいのか?
訪れてきたユーザーに興味⇒理解⇒共感を得てもらうことが重要であります。
そして、ホームページと会社の中身がかけ離れていても意味がありません。

2点目は採用媒体手法の改善になります。
ホームページをリニューアルしても、ユーザーは訪れません。採用媒体が重要になってきます。
・採用媒体からホームページのコンテンツへ誘導させる仕組み
・スカウトメールの戦略
・採用媒体の仕組みと理解
・面接への対応
採用媒体は、ターゲットユーザーの母数がどれぐらい存在しているのかが選ぶ時のポイントになります。母数が少ない媒体は意味がありません。
次にスカウトメールが充実している媒体を選ぶことが、重要になります。

採用は、2つの軸になります。一つ目は、ユーザーから募集内容を見つける場合と、企業側から、ユーザーに情報を誘導させるスカウトメールです。
ユーザーが情報を見つける場合は、募集内容のところどころに、URLを貼りサイトへ誘導させます。
また、スカウトメールで誘導されてきたユーザーも同じように、募集内容を見てサイトへ誘導させます。

どちらのユーザーもサイトへ訪れてきたユーザーに対し、興味⇒理解⇒共感を得るコンテンツを配置していれば
再度、採用媒体に戻り、応募ボタンを押してくれるでしょう。

image

よりグローバルビジネスソリューションを魅力的に伝えるため
素材は全て撮影するこだわりへ

Consulting Phase: step 04

制作フェーズ

image
image

WEBサイトでは、ありものの素材を使用するケースが多々ありますが、プロジェクト開始から、幹部、社員の皆様の意気込みが強く伝わってきたため、この熱気をどうにかしてWEBで表現したいという気持ちが強くなり、撮影という手段を選択し、今回のWEBサイトで表現させて頂きました。

やはり、撮影することで、表現が自由になり、よりデザインへ良い影響が生まれました。

また、企業理念、ミッション、ビジョンなどはライターを入れて、インタビュー形式で行うことで、第三者へより伝わりやすい文章になりました。

今回のプロジェクトは、グローバルビジネスソリューション様の熱意が、より良いプロジェクトへとつながったと実感しています。
それにより、WEBサイト自体もその熱意が反映された状況になったと思います。

  • imageimage
  • imageimage
  • imageimage
  • imageimage